WEBショップ

メール

RSSFEEDRSSFEED

弦夜GENYA

二つの弦によりダブルコンサート

伝統を越える夜

津軽三味線プレイヤーとして国内外で演奏し、伝統芸能の枠を超えた

新しいニッポンの音楽を目指し活動している史佳。

アメリカ・日本にてクラシック音楽だけでなく、

フォークミュージックとクラシックを融合させた

音楽スタイルの発信を行う春日聡一郎。

2人の弦楽奏者がそれぞれの伝統を土台に、新たな新境地を開拓する一夜。

 

A4チラシ表5

A4チラシ裏5

 

 

【第一部】 史佳Fumiyoshiのステージ

      ゲスト:庄司 愛(ヴァイオリン)

          松井 リカ(パーカッション)

 

【第二部】 春日聡一郎率いる弦楽演奏家によるステージ

 

日時:2014年6月20日(金)

    18:30開場 19:00開演

 場所:かつしかシンフォニーヒルズ アイリスホール

 チケット:3,000円(全席自由席)

 イープラス: http://eplus.jp(PC&携帯)

 チケットお申込み:officefproject@gmail.comでも受付可能

主催:株式会社ミュージックアンチェインド

後援:公益財団法人日本伝統文化振興財団

 

 

Share on Facebook

嵐渓荘 プライベートライブ vol.2

2年ぶりとなる嵐渓荘プライベートライブ。

まずは、大広間で春御膳ランチを召し上がって頂きました。

新メニューは、山菜焼売ということで、お客様にも

大好評だったようです。

美味しいお料理に舌鼓を打った後、新潟高橋竹山会の合奏を

お聴き頂きました。

この日は、テレビ局の取材が入っておりまして、

大広間での演奏風景も、撮影して頂きました。

ひょっとすると、その演奏場面も全国放送で放映されるかも

しれません。

5月18日(日)テレビ朝日 アレはスゴかった!!

この番組をチェックしてくださいね。

10299081_679253352138272_416462532235392854_n

 

 

さて、次は場所を変えて、いよいよ親子デュオのライブです。

背景には、ちょうどしだれ桜が咲いていまして、

風に乗って桜吹雪が舞うという絶好のタイミングでした。

まさに桜吹雪の三味線ライブとなりました。

1912442_679254815471459_2802290271095682979_o

 

手間ひまのかかった、細部まで行き届いたお心遣いに

感謝申し上げます。

その日本の”おもてなし”の心は、世界に誇るべき感性であり、

この感性こそ、今の日本が一番忘れている

トコロそして、ココロ、ソウルだと思っています。

いい親孝行ができたと言って頂き、最高の励ましです。

スタッフをはじめ、お手伝い頂いた皆様、本当に

ありがとうございました。

最後は、若女将さんとツーショットです。

1781178_679255982138009_4131521819899300904_o

 

-これぞ、日本のお・も・て・な・し-

 

Share on Facebook

彌彦の杜ヤホールLIVE

越後一宮 彌彦神社

『おやひこさま』

伊勢神宮とも深い関わり合いがある彌彦神社

天照大神のひ孫にあたる神様

天香山命(あめのかごやまのみこと)が祀られています。

そのおやひこさまの境内を眺めながらの三味線LIVEでした。

会場となったヤホールは、近年立てられた真新しい空間。

ステージバックの扉を全開にして、自然の中でのライブ演出。

IMG_0059

 

 

ライブ開催にあたっては、二村建築様に大変お世話になりました。

早い頃より応援頂いており、今回は5年ぶりの弥彦ライブとなりました。

ちょっとしたハプニングがあって、演奏中でも笑っています。

何があったかは、ご想像にお任せします。

弥彦史佳ライブ-0192

 

お陰さまで、150人以上のお客様にご来場頂きました。

ご覧の通り、満員御礼でした。

IMG_0064

 

 

宇宙の花を演奏した時、伊勢の風景と弥彦の風景が、頭の中で思い浮かび、

自然と一体となった感覚がありました。

非常に気持ちよく、演奏することが出来ました。

山の神、海の神など、日本の人々は古来より、自然界に神の存在を意識し、

敬ってきました。

宇宙の花、この壮大なスケールの曲は、まさに日本の神々への深い感謝、

愛情、そんな気持ちが込められているのかもしれません。

近い将来、伊勢でも、この宇宙の花が演奏できますように、、、

IMG_0077

 

最後は、ノーマイクでの即興演奏。

 -伊勢の思い出によせて-

 

Share on Facebook

砂丘館 三味線ライブ2014

砂丘館での演奏会も今年で9回目を迎える事が出来ました。

砂丘館の皆様のご協力、ご支援のお陰でございます。

本当に有難うございます。

さて、この日は最高のお天気。小春日和。

旧日本銀行新潟支店長役宅ということもあり、立派な門構えです。

IMG_0015

 

 

お庭は、日光の光が差して、新緑が映える季節となりました。

演奏会を始めた頃は、当初2月、3月の演奏が多かったのですが、

だんだんと、暖かい季節に開催するようになりました。

4月が一番よい時期でしょうね。

IMG_0017

 

会場準備も整いました。和室での演奏は、非常に音が柔らかいのが特徴です。

特に砂丘館は、歴史ある建物ということもあり、

情緒の溢れる空間を演出しています。

所々に、さりげなく飾られている絵が、素晴らしい作品なのです。

IMG_0019

 

そして、久しぶりに史佳Fumiyoshiのオールソロプログラム。

今まで、初代須藤雲栄先生(津軽民謡)、高橋竹育(親子競演)、

庄司愛(ヴァイオリン)など様々なゲストとのライブもありましたが、

今年は、古典への回帰ということで、初心に戻った気持ちになりました。

お客様も、史佳Fumiyoshiのソロが聴きたかったようで、

大変、喜んで頂きました。

IMG_0036

 

門付け三味線でオープニングを飾り、前半の〆は、秋田荷方節。

後半は、竹山節の名曲(津軽音頭etc.)をたっぷりと聴いて頂きました。

お客様から、素敵な花束を頂きました。

アンコールでは、大いに盛り上がり、ソロの醍醐味を存分に堪能頂きました。

IMG_0052

 

 

来年、砂丘館ライブ10周年に向けて、また精進して参ります。

−継続は力なり−

 

Share on Facebook