WEBショップ

メール

RSSFEEDRSSFEED

金森穣×史佳Fumiyoshi スペシャル対談レポート

「糸際」-itogiwa-LIVEから2日後の9月21日、日本の舞踊家を代表する存在である

舞踊家・金森 譲(Noism芸術監督)さんと、三味線プレイヤー・史佳の対談が開かれた。

二人の共通点は同年齢であり、新潟を拠点とし、この新潟の文化芸術分野を

牽引しているというところだ。

 

IMG_0944

 

二人の注目度を証明すべく、会場は80名の予約のお客様で埋め尽くされた。

ついこの間の緊迫したLIVEからは想像もつかないほどの柔らかい雰囲気の中、対談は開始された。

LIVEでの和装とは違い、カジュアルな洋装にスニーカーと、また違う一面を見せた史佳。

金森さんはというと、白のシャツに少しカジュアルめな黒のスーツ。

二人ともリラックスした空気感で、約90分の対談はテンポ良く流れて行った。

主に金森さんが質問をし、史佳がそれに応える部分が多かったように感じる。

金森さんとの対談を願っていた史佳は、10年越しにその夢が叶い、

今日の日を実は今年一番というほど、楽しみにしていたようだ。

史佳が新潟に戻って、津軽三味線1本と心に決めたのが、2000年。

その4年後の2004年、金森さんが新潟で日本初となる劇場専属舞踊団Noismを立ち上げた。

史佳はこの時、金森さんの舞踊会に足を運んでいたのである。

その時に受けた衝撃が印象的だったのか、この対談の日を迎えられて、彼は大変満足している様子であった。

また、金森さんも、ひょんなことから、偶然貼ってあった史佳の公演ポスターに足を止め、

自分と同じ年齢で、同じ新潟に拠点を置く者として、興味を示す。

この時すでに二人は惹かれあっていたようだ。

系統は違うと言え、二人とも環境に恵まれており、始めたきっかけは両親にあるようだ。

お互いの幼少の頃など、普段聞けないトークが飛び交い、お客様との質疑応答で、会場は大変盛り上がりを見せた。

津軽三味線を初めて耳にしたというお客様も非常に感動したと、喜ばれていた。

対談も中頃に差し迫った頃、史佳が、自身の初めて作曲した、「Roots-tabibito-」という、

日本海をイメージした曲を、披露した。

 

IMG_0947

 

IMG_0957

 

古典の曲ではなく、あえて自身のオリジナル曲を演奏した。

何も知らない金森さんは、演奏後、「この曲なら、踊れそうだ」とコメントをした。

現に、この曲、目を閉じてじっくりその世界に入ると、史佳の作り出す世界が見えてくるのだ。

古典の曲は、聴き慣れていないと、すぐには踊れないのかもしれない。

 

IMG_0976

 

客席からも、是非二人のコラボを見たいという声もあり、この二人のステージ、実現するのもそう遠くないのでは。

この新潟を引っ張って行く二人の今後の活動に大いに期待したい。

 

Share on Facebook

新しい歴史の幕開け 糸際-itogiwa-を終えて

2014年9月19日。

生誕40周年を迎えた史佳は、この節目となる年、

LIVEを丸々一発録音するというレコーディングLIVE「糸際」を、新潟市音楽文化会館にて開催した。

この日の為に、彼はどれほどの練習をし、どれほどのイメージを膨らませ、どれほどの緊張感と意気込みを持ち、

たった一人であのステージに上がっただろうか。おそらくそれは、本人にしか分からないだろう。

極限状態まで自分をもっていき、まさに自分自身との一騎打ちだ。

ましてやこの日のLIVEは一発録音ということもあり、決して失敗は許されない。

会場アナウンスと共に本ベルが鳴る。

一気に騒ついていた客席に沈黙と緊張感が走った。

大きな拍手で迎えられた史佳は、深々とお辞儀をした後、ゆっくりと腰を下ろし、静寂の中調弦を始める。

一音が鳴った時点で、この日のLIVEはいつもと違うただならぬ空気感に包まれた。

オープニングはもちろん、「三味線じょんから」

この曲は、初代高橋竹山師が、いつもステージのオープニングに演奏していた

門付け三味線の曲である。竹山節の型が、この曲に凝縮されている。

オール竹山節プログラムは、全11曲であった。

一言も言葉を発しず、ただひたすら、弾き切ったのだ。

何という事だろうか。

一曲終わると、すぐさま調弦をし、緊張の糸が切れない間に、また次曲へと、3本の糸を紡いでいったのだ。

「糸際」というこのLIVEのタイトル。

これは津軽三味線奏者、史佳が創り上げた造語である。

バチを操る右手と、3本の糸を操る左手のコンビネーションを瞬時に必要とする瞬間芸術の事を意味する。

まさにこの瞬間芸術が目の前で繰り広げられていたのだ。

それは短くも長くも感じられる時間であった。

普段の彼のLIVEでは、持ち前の低音のきいた声を生かし、オンとオフの部分で、柔らかい雰囲気が生まれるのだが、

この日はLIVEが終わるまで一言もその声を聞くことはなかった。

 一番動揺したのは、この日来場されたお客様であろう。

特に毎回彼のLIVEに足を運んでいる方は、いつもと180度違う彼のステージに、ただただ聴きいっているようであった。

要するに、客席の緊張感の糸も切れることなく、約90分間、弾丸のようにひたすら浴びせられる音色に、

身動きがとれない状態だったということだ。

これには心の準備が出来ていなかった方は、正直、とても疲れてしまったかもしれない。

しかし、彼の津軽三味線を聴きたいと来場されるお客様があってこそ、

この「糸際」をやる意味があったというものだ。

三味線を手にしてから30年が経った史佳が、40年に向けての新たな一歩を進む為にも、

「糸際」が一つの区切りとなったのだから。

壮絶な90分間ののち、トミタプロデュースの富田 剛史さんと、

アフタートークが開催された。

ここでようやく、会場の空気が一変し、いつもの穏やかさが戻った。

そのギャップがまたお客様のハートを鷲掴みにしたのではないかと感じる。

アンコールには、おもむろに手ぬぐいを取り出し、目隠しをしての「即興曲」。

これには客席からも、少しざわつきがあった。

普段から手元を全く見ないのも特徴の一つだが、見ないのと、見えないのとでは大きな差がある。

彼はどこまで自分を追い詰めるのだろうか。

私も自然と目を閉じて、聴覚を研ぎ澄ませた。音は前へ前へとどんどん飛んでくる。

三味線が、身体の一部となり、内側からあふれるエネルギーとでも言おうか、

極限状態で11曲を弾き切った後とは思えないエネルギーであった。

これには私も鳥肌が一気にたち、何故だかわからないが、

溢れそうになる涙を必死でこらえていた。

これで、LIVEは終了したかと思われたが、富田さんの要望もあり、

2曲目に演奏した「三味線よされ」のリクエストで本公演を締めくくった。

会場から大きな拍手が響き渡る中、彼は笑顔でお辞儀をし、ステージを後にした。

今回の「糸際」LIVE、今後の彼にどんな効果を与えるだろうか。

これからまた、歳と共に様々なスパイスを調合し、どんどん変化していくであろう。

そんな彼の津軽三味線に、期待せずにいられないのでは?

次の糸際ライブは、10年後の同じ日、、、、、

もしくは、シリーズ化して毎年やってもいいのでは、、、

最後に

糸際レコーディングライブ 演奏曲目とスナップ写真

※本番は写真がありません。

1.三味線じょんから

2.三味線よされ

3.十三の砂山

4.津軽あいや節

5.津軽じょんから中節

休憩

6.ワイハ節

7.鯵ヶ沢甚句

8.津軽小原節

9.弥三郎節

10.津軽三下り

11.津軽音頭

アンコール

即興曲

三味線よされ

 


IMG_0851

 

IMG_0847

 

IMG_0843

 

ニューアルバム「糸際 -itogiwa-」

2015年1月17(土)

史佳りゅーとぴあライブで、全国発売に先駆けて

先行発売決定!!

 

Share on Facebook

池袋 鈴ん小屋 津軽三味線LIVE決定!!

関東方面の皆様。朗報です!!

池袋 らいぶはうすの鈴ん小屋で、

史佳Fumiyoshi津軽三味線LIVEが決定いたしました。

鈴ん小屋は、民族音楽にも力を入れておられ、幅広いジャンルのライブを

企画しておられます。今回、津軽三味線LIVEということで

ワンマンライブが決定いたしました!

質の高い音を生み出す「和」を大切にした素敵な空間です。

お料理も、有機野菜を使用したベジタリアンフードをコンセプトに

有機創作料理を提供しているお店です。

自然の恵みを体とココロに取り入れながら、

三味線の音楽を楽しみませんか?

史佳の津軽三味線の真髄である弾き三味線の世界をたっぷりと

お聴き頂きます。後半は、もちろん、オリジナル曲演奏で、

思いっきり盛り上がりたいと思います。

サポートミュージシャンには、

三味線:更家健吾、そしてドラムに松井リカを

迎えて、賑やかに、盛り上がること必至!!

ご予約は、お早めにお願い致します。

 

鈴ん小屋

 

 

【日時】 2014年11月8(土)

     開演19:00 開場18:00

【会場】 らいぶはうすの鈴ん小屋

     東京都豊島区東池袋1-47-1 庚申ビル B1F

     03-6382-7273

【料金】 前売り3,000円(当日4,000円) ドリンク代別途

【出演】 史佳Fumiyoshi(津軽三味線)

     <サポートミュージシャン>

     更家健吾(津軽三味線)

     松井リカ(ドラム、パーカッション)

【お申込・お問合せ】

     kengo.saraie86@gmail.com

     または、

     鈴ん小屋 03-6382-7273

     史佳オフィシャルサイトからもお申込み頂けます。

     officefproject@gmail.com

 

 

Share on Facebook

Noism対談企画 柳都会第10回開催決定!

新潟を拠点に様々な分野で活躍しておられる方をゲストに、Noism芸術監督・金森穣との対談を行うシリーズ企画「柳都会(りゅうとかい)」。
10回目を数える今回から、りゅーとぴあを飛び出し、”学びと情報の拠点”ほんぽーと 新潟市立中央図書館で開催します。
ゲストにお迎えするのは、三味線プレイヤーの史佳Fumiyoshiさん。金森穣とは、同じ寅年生まれ。共に幼少より母/父に師事して三味線/舞踊の道へ入り、現在は新潟を拠点に国内外で活動しています。不惑の年を迎える2人が見据える今とこれからを語ります。

 

ryutokai_10_A4

 

Noism対談企画 柳都会(りゅうとかい)第10回 史佳 Fumiyoshi×金森穣

【日時】2014年9月21日(日)14:30-16:00
【会場】ほんぽーと 新潟市立中央図書館〈3Fビーンズホール〉
【参加費】無料(要予約)
【定員】80名

【申込方法】
メール、Faxまたは往復ハガキに
1)氏名(ふりがな) 
2)郵便番号 
3)住所 
4)Tel/Fax 
5)メールアドレス 
を明記のうえ、下記までお申し込みください。

【申込締切】9月18日(木)必着

*定員になり次第締め切らせていただきます。
*お申込みいただいた方には、折り返し確認のご連絡を差しあげます。
*当日は受付にてお名前をお伝えください。

【お問い合わせ】りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 事業課 Noism「柳都会」係
〒951-8132 新潟市中央区一番堀通町3-2
Tel: 025-224-7000 Fax: 025-224-5626
E-mail: info-noism★ryutopia.or.jp  メール送信の際は★を@に変えてお送りください。

[主催]公益財団法人 新潟市芸術文化振興財団 [製作]りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館
[共催]新潟市教育委員会

 

 

Share on Facebook