WEBショップ

メール

RSSFEEDRSSFEED

史佳Fumiyoshi&金森穣 わずか“4分間”奇跡のコラボ!

 三味線響舞

2016年1月24日(日)13:00開演

りゅーとぴあコンサートホール

私が穣さんの舞踊を初めて鑑賞したのが、今から10年前のことである。

そう、私が故郷新潟に2000年に戻ってきてから、数年後のことであった。

彼の舞踊を目の当たりにした瞬間、鳥肌が立ち、

全身の血がヒートアップしたのを覚えている。

こんな凄い芸術家が新潟にいるのか。かなりの衝撃であった。

その日から、私の頭には、常に金森穣さんという存在があり、

いつの日か、舞踊と三味線のコラボレーションを実現したい、

そう片思いし続けながら、演奏家の階段を登ってきた。

演奏活動17年目に突入する2016年新春ライブ

ようやく、その夢が、ひとつの形になろうとしている。

運命というべきか、二人とも1974年の寅年生まれ。

遂にこの二人が相まみえ、新しい瞬間芸術を生み出すタイミングを迎えたのだ。

新潟から芸術文化を発信する二人が織りなす芸術世界、

この絶好のチャンスぜひ立ち会ってほしい。

 

穣さんと①

先日のりゅーとぴあ打ち合わせ時での一枚。

穣さんからのメッセージ

「三味線と一対一で舞踊することは、今回が人生で初めて。すごく楽しみ!」

 

 

Share on Facebook

三味線響舞 〜たった一人の三味線オーケストラ〜

新潟に拠点を置き、国内外にも活動の場を広げる史佳Fumiyoshi。

一つ一つの旋律を慈しむように演奏する彼の三味線は、

無限の広がりを聴く人にもたらします。

本公演は、彼の魅力を最大限に楽しめる独演のほか、彼の「ふるさと」

である新潟高橋竹山会との大合奏に加え、舞踊の第一線で活動を続ける

JK(金森穣)との競演であらたな境地を見いだします。

一瞬の輝きと未来への広がりを感じるステージをお楽しみください。

 

1016_チラシ表面 1019_チラシ裏面

【日時】  2016年1月24日(日)

      13:00開演(12:30開場)

【場所】  りゅーとぴあ・コンサートホール

【料金】  前売券:3,000円(当日500円増)

      ※前売券は、11月2日(月)より発売開始

【友情出演】JK(金森穣)

【賛助出演】新潟高橋竹山会、松井リカ

【協力】  新潟グランドホテル、(株)廣瀬、丸屋本店、ベルフーズ

【衣装協力】JAMES

【プレイガイド】

     インフォメーションセンターえん(メディアシップ1F)、

     りゅーとぴあ、伊勢丹、文信堂CoCoLo万代、トップトラベル新潟、

     セブンイレブン

     ※NIC新潟日報販売店でお取り寄せができます。

【お問い合わせ先】

     新潟日報社企画事業部 TEL:025-385-7470

     (平日:9:30〜17:30)

 

Share on Facebook