WEBショップ

メール

RSSFEEDRSSFEED

史佳(Fumiyoshi)とは

ふるさと新潟に拠点を置き、三味線プレイヤーとして国内外で演奏活動・講演活動を行っている。音の響きを大切にする“弾き三味線”奏法を得意とし、津軽三味線のスタンダード曲はもちろんのこと、近年は作曲家/アレンジャーの長岡成貢氏とともに新しい三味線の楽曲作りにも取組んでおり、古典を大切なベースとしながらも、伝統芸能の枠を超えた新しいニッポンの音楽を目指して活動している。

1974年新潟市生まれ。9歳より津軽三味線の師匠であり母でもある高橋竹育より三味線を習い始める。 2000年よりプロ活動をスタートし、新潟を拠点に国内外で演奏活動を行っている。ホールコンサートの他、国指定重要文化財等の日本建築等でも演奏会活動を行っており、2011年にはルーブル美術館にて日本人として初めて演奏を披露。 2001年に1stアルバム「新風」を高橋竹秀の名で、2003年には本名である小林史佳としてオリジナル曲を含む2ndアルバム「ROOTS TABIBITO」をリリース。 2006年リリースの3rdアルバム「Ballade」では弦楽四重奏との融合にも取り組み、三味線の楽器としての新たな可能性も追求している。 2010年には津軽三味線の名人・初代高橋竹山とかつて共に全国を廻った、民謡の生きる伝説・初代須藤雲栄師とのライブを収録した4thアルバム「風の風伝」(かぜのことづて)、2012年にはそれに続く5thアルバム「続 風の風伝」を“fontec” レーベルよりリリース。同年よりアーティストネームを“史佳Fumiyoshi”と改め、故郷新潟をテーマにしたオリジナル曲「桃花鳥-toki-」を発表。 2013年には自主レーベル“penetrate”を立ち上げ、全曲オリジナル楽曲のアルバム「宇宙と大地の詩」をリリース。

演奏活動の他、ライフワークとして自らがサラリーマン時代に患った「うつ病」から回復したエピソードを語る講演会も、教育機関、福祉施設などで積極的に行っている。
イメージ

経歴・芸歴

1974年 新潟市生まれ 新潟県立新潟高等学校、立命館大学理工学部卒業
1983年 9歳より津軽三味線の師匠(新潟高橋竹山会二代目会主)であり母でもある高橋竹育より三味線を習い始める。
1989年 家元高橋竹山師の認可を得て、新潟高橋竹山会初代会主高橋竹栄師から「竹秀」の称号を頂き、竹山流の名取りとなる。
1991年 若干17歳で、竹山節本流正統継承者「小林竹秀」として認定される。 大学進学後は三味線を離れ、氷河期といわれた就職活動期に大手通信会社に就職。しかし入社3年後に仕事でつまずき、重度のうつ病を患ってしまう。全てを清算し故郷新潟に戻った後、再び手に持った三味線に人生の再起を賭ける。
2000年 宗家より「高橋」の称号を頂き、「高橋竹秀」として本格的にプロ活動スタート。
2001年 1stアルバム「新風」を高橋竹秀の名前でリリース。
2003年 2ndアルバム「ROOTS TABIBITO」では、本名小林史佳で再スタート。
2006年 3rdアルバム「Ballade」は、弦楽四重奏とのコラボレーションを実現させた。
2010年 かつて高橋竹山と全国を周っていた初代須藤雲栄とのライブ録音を、貴重な津軽民謡の音源として残した4thアルバム「風の風伝(ことづて)」を発表。
2012年 4thアルバムの大好評を得て、民謡のルーツを辿って北前船の寄港地佐渡市小木町で行ったライブを収録した5thアルバム「-続- 風の風伝」を発表。 アーティストネーム「史佳Fumiyoshi」にてオリジナル曲を発表。
2013年 プロデューサーに長岡成貢氏を迎え、全曲オリジナル楽曲による6thアルバム「宇宙と大地の詩」を自主レーベル“penetrate”より発表。
イメージ