WEBショップ

メール

RSSFEEDRSSFEED

史佳Fumiyoshiとは

(新潟高橋竹山会三代目会主/ニューヨーク在住)

新潟出身の三味線プレイヤーとして国内外で演奏活動・講演活動を行っている。音の響きを大切にする“弾(ひ)き三味線”奏法を得意とし、津軽三味線のスタンダード曲はもちろんのこと、近年は作曲家/アレンジャーの長岡成貢氏とともに新しい三味線の楽曲作りにも取組んでおり、古典を大切なベースとしながらも、伝統芸能の枠を超えた新しいニッポンの音楽を目指して活動している。現在、ニューヨークを拠点に演奏活動しており、三味線芸術の 新しい境地を開拓している。

1974年新潟市生まれ。9歳より津軽三味線の師匠であり母でもある高橋竹育より三味線を習い始める。 2000年よりプロ活動をスタートし、新潟を拠点に国内外で演奏活動を行っている。ホールコンサートの他、国指定重要文化財等の日本建築等でも演奏会活動を行っており、2011年にはルーブル美術館にて日本人として初めて演奏を披露。 2001年に1stアルバム「新風」を高橋竹秀の名で、2003年には本名である小林史佳としてオリジナル曲を含む2ndアルバム「ROOTS TABIBITO」をリリース。 2006年リリースの3rdアルバム「Ballade」では弦楽四重奏との融合にも取り組み、三味線の楽器としての新たな可能性も追求している。 2010年には津軽三味線の名人・初代高橋竹山とかつて共に全国を廻った、民謡の生きる伝説・初代須藤雲栄師とのライブを収録した4thアルバム「風の風伝」(かぜのことづて)、2012年にはそれに続く5thアルバム「続 風の風伝」を“fontec” レーベルよりリリース。同年よりアーティストネームを“史佳Fumiyoshi”と改め、故郷新潟をテーマにしたオリジナル曲「桃花鳥-toki-」を発表。 2013年には自主レーベル“penetrate”を立ち上げ、全曲オリジナル楽曲のアルバム「宇宙と大地の詩」をリリース。2015年2月には、通算7枚目となるアルバム「糸際 ITOGIWA」を“fontec”レーベルよりリリース。2016年1月1日に、三味線ユニット「Three Line Beat(スリーラインビート)」を結成し、現在までユニットとしての1stシングル「神風」、2ndシングル「ソラミチ」をリリース。幅広い年齢層からファンを獲得しており、そのライブパフォーマンスで観客を魅了する。2018年3月18日には、りゅーとぴあコンサートホールにて、初代高橋竹山節オールソロコンサートとして挑んだ「守破離の絲」を開催。同コンサートのライブ収録CD「守破離の絲」2018年11月7日に“fontec”レーベルよりリリース。史佳Fumiyoshiの三味線芸術の真髄が濃縮された奥深い内容となっている。2019年10月5日にはニューヨーク・カーネギーホールにて単独公演が決定している。

演奏活動の他、ライフワークとして自らがサラリーマン時代に患った「うつ病」から回復したエピソードを語る講演会も、教育機関、福祉施設などで積極的に行っている。
イメージ

経歴


1974年 新潟県新潟市生まれ
新潟県立新潟高等学校卒業
立命館大学理工学部卒業
1983年 9歳より津軽三味線の師匠(新潟高橋竹山会二代目会主)であり母でもある高橋竹育より三味線を習い始める。
2000年 宗家より「高橋」の称号を頂き「高橋竹秀」としてプロ活動をスタート。
2003年 アーティストネームを本名である「小林史佳」として活動開始。
2012年 アーティストネームを現在の「史佳Fumiyoshi」として、“新潟から世界へ”という目標を掲げ活動を開始する。
イメージ

演奏実績(抜粋)


2000年9月 高野山三宝院 真如会家結集演奏
2001年11月 アメリカ・マウイ島公演
2002年5月 フランス・パリ公演
2004年3月 アメリカ・ハワイ公演
2004年3月 新潟県・関川村 国指定重要文化財「渡邉邸」定期公演開始
2005年11月 アメリカ・ハワイ公演 ワイキキシェル(1500名動員)
2006年12月 東京「百万人のキャンドルナイト」メインステージ演奏
2007年1月 オーストリア・ウィーン公演
2007年2月 スペイン・バルセロナ公演
2008年3月 アメリカ・ロサンゼルス公演
2009年11月 フランス・ナント オペラ座公演
2010年10月 APEC新潟 レセプションパーティー オープニング演奏
2011年12月 フランス・パリ ルーブル美術館演奏
2012年3月 東日本大震災復興支援「フェニックスコンサート」出演
2012年7月 ニューカレドニア日本人入植120周年記念イベント出演
2012年11月 鎌倉大仏殿高徳院公演
2013年8月 「日本海夕日コンサート」上妻宏光氏と共演
2016年1月 りゅーとぴあコンサートホール 金森穣氏(Noism芸術監督)と共演
2016年4月 G7新潟農業大臣会合 レセプションパーティー オープニング演奏
2017年1月 りゅーとぴあコンサートホール 二代目高橋竹山と共演(1700名動員)
2018年7月 新潟開港150周年記念「海フェスタ」 皇室参加式典 演奏
2018年8月 佐渡・アースセレブレーション2018 出演(Three Line Beat)
2018年11月 グアム・ジャパンフェスティバル出演
2019年10月 ニューヨーク・カーネギーホール単独公演決定