WEBショップ

メール

RSSFEEDRSSFEED

2013/10/21新潟高校芸術鑑賞会・11/12PTA委員会講演 リポート

 

史佳Fumiyoshiの母校である新潟県立新潟高等学校より依頼を頂き、芸術観賞会に出演。

新潟市民芸術文化会館りゅーとぴあコンサートホールにて約1400名の在校生を前に、第1部は「夢の実現に向けて〜三味線とともに歩んだ道〜」と題し、津軽三味線の代表的古典曲を交えた講演会形式で開催。

スライドを使用しながら、史佳Fumiyoshiがサラリーマン時代に患った“うつ病”から三味線演奏家を目指した経緯と、現在の国内外での活動状況をユーモアを交えてお話した。

第2部は「Shamisen Cross Over Live」と題し、三味線とヴァイオリンのセッション、三味線2丁の掛合い、そしてアルバム「宇宙と大地の詩」よりオリジナルの楽曲を披露。

三味線という楽器の魅力を十分に感じてもらえたようで、生徒さんから大きな拍手と歓声を頂きました。

IMG_4298

 

 

 

 

 

 

 

 

引続きPTAの集まりの際に講師としてお声掛けを頂き、生徒さんに講演をした部分を保護者の代表の方々にも聞いていただく機会を得ました。

講演では「母親のサポート」が挫折からのカムバックに重要なポイントだったエピソードだったこともあり、多くの共感を頂けたようです。

お子さんより先だって芸術鑑賞会の話題があったご家庭もあったそうで、嬉しいかぎりです。

IMG_4462

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 母校の生徒さん、保護者を前にこのような機会を頂きありがとうございました。これからの人生において何かしらのヒントになれば幸いです。

 

ありがたいことに今シーズンも小・中・高と他の学校からも同様の依頼を頂いています。講演・演奏のご依頼はこちらからお問合せください!

 

 

Share on Facebook