WEBショップ

メール

RSSFEEDRSSFEED

『F SPACE』&『hair salon SOSO』オープン!

 

この度、令和元年7月14日(日)に、

三味線音楽・芸術・文化の発信基地『F SPACE』が完成・オープンいたしました。

IMG_6741072A7849-D341-43C3-A226-03D17C856FF4

 

こちらの建物は、史佳Fumiyoshiの

「新潟から世界へ」という想いを形にした建物で、

三味線のみならず、日本の伝統文化・芸術、

様々なジャンルの音楽をこの場所から発信する、

プライベートスタジオです。

 

 

1Fには、スタイリストとして20年のキャリアを持ち、

史佳Fumiyoshiの専属ヘアメイクを長年担当しているEmiriが

「hair salon SOSO」をOPENいたしました。

AB7AA4C6-554E-4214-8F6A-6BDAAFE4DB73 0EEC430F-8B2C-4B4A-B572-14C5B32BC192

 

こちらの美容室は、「お客様の真の美を内面から引き出す」ことをコンセプトに

完全予約制でお一人お一人に時間をかけて

施術をさせていただける美容室となっております。

ご予約の際は最下部記載の番号までお電話ください。

 

今年の9月8日には新潟高橋竹山会三代目会主を襲名し、

10月5日にはニューヨーク・カーネギーホールでの

単独公演が決定している史佳Fumiyoshi。

令和元年、いよいよ新潟から世界へ

皆さまの想いを乗せて史佳Fumiyoshiが羽ばたきます。

 

【 F SPASE 】

〒950-1142 新潟県新潟市江南区楚川412-24

TEL:025-256-8369

 

【hair salon SOSO】

F SPACE - 1F

TEL:025-278-3276

OPEN 10:00~17:00

CLOSE:日曜・月曜(不定休)

 

 

 

Share on Facebook

カーネギーホールコンサート・クラウドファンディングご協力の御礼

 

 

この度、4月19日より開始されました、

史佳Fumiyoshi カーネギーホール公演・クラウドファンディングプロジェクトが

6月19日をもって終了いたしました。

 

スタジオセッション-1473_縮小

 

930,000円の目標額に対し、1,232,000円を皆さまからご支援いただきました。(達成率132%)

ご支援くださいました皆さま、誠にありがとうございました。

ご支援いただきました支援金は10月5日に予定されております、

史佳Fumiyoshi カーネギーホールコンサート

「THE PASSION OF SHAMISEN」の開催に向けた

現地への営業や広報活動のための渡航費及び

現地活動費として活用させていただきます。

 

今回のカーネギーホールコンサートは

ザンケルホール(中ホール)での開催となり、

700名様程度がお入りいただけるホールでのコンサートです。

日本の応援団はもとより、一人でも多くの現地の方々に

史佳Fumiyoshiの三味線の音色をお聴きいただき、

世界への第一歩となるよう満席を目指し活動していく所存です。

 

今後とも皆さまの温かいご支援とご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願いいたします。

この度は、誠にありがとうございました。

 

三味線プレイヤー 史佳Fumiyoshi

スタッフ一同

 

 

Share on Facebook

新潟日報新潟西地区会 チャリティコンサート

お陰様で4年連続の出演になります。

一緒に思いっきり盛り上がりましょう。

 

2018TLBチャリティ 確認用PDF(8.17) 

Share on Facebook

旧齋藤家別邸コンサート 月あかりの門付

大好評頂いている旧齋藤家別邸でのライブです。

 十五夜の夜、みなさんと素敵な時間を過ごしたいと思います。

ご来場お待ちしております。

斎藤家別邸フライヤー

Share on Facebook

史佳Fumiyoshi率いるThree Line Beat

結成から2年

今後とも、ご声援よろしくお願いいたします

www.tlb.jp

IMG_4409

Share on Facebook

史佳Fumiyoshi&金森穣 わずか“4分間”奇跡のコラボ!

 三味線響舞

2016年1月24日(日)13:00開演

りゅーとぴあコンサートホール

私が穣さんの舞踊を初めて鑑賞したのが、今から10年前のことである。

そう、私が故郷新潟に2000年に戻ってきてから、数年後のことであった。

彼の舞踊を目の当たりにした瞬間、鳥肌が立ち、

全身の血がヒートアップしたのを覚えている。

こんな凄い芸術家が新潟にいるのか。かなりの衝撃であった。

その日から、私の頭には、常に金森穣さんという存在があり、

いつの日か、舞踊と三味線のコラボレーションを実現したい、

そう片思いし続けながら、演奏家の階段を登ってきた。

演奏活動17年目に突入する2016年新春ライブ

ようやく、その夢が、ひとつの形になろうとしている。

運命というべきか、二人とも1974年の寅年生まれ。

遂にこの二人が相まみえ、新しい瞬間芸術を生み出すタイミングを迎えたのだ。

新潟から芸術文化を発信する二人が織りなす芸術世界、

この絶好のチャンスぜひ立ち会ってほしい。

 

穣さんと①

先日のりゅーとぴあ打ち合わせ時での一枚。

穣さんからのメッセージ

「三味線と一対一で舞踊することは、今回が人生で初めて。すごく楽しみ!」

 

 

Share on Facebook